レンタルドレスでパーティドレスを選ぶコツ

花とレンタルドレス レンタルドレスを利用してドレスを借りるなら、その前に基本的なマナーを押さえておくと失敗のないドレス選びができます。華やかな場に足を運ぶわけですから、自信を持ってその場を楽しめるように準備しておくことは大切です。例えば招待状に、平服でと書いてあったとします。さすがにTシャツやジャージで出かける人はいないと思いますが、どんな服を選んだらいいのかと迷う人もいるでしょう。

ドレスと聞くとカクテルドレスやイブニングドレスのような華やかでかしこまったイメージが思い浮かびますが、平服と指定されているときは多少自由なイメージがあり、それほど硬くならなくても大丈夫です。押さえておきたいポイントは上品でエレガントなイメージがあるかという点です。レンタルドレスを申し込むなら、ワンピースやスーツのほかにジャケットとスカートの組み合わせもおすすめです。もちろんジャケットとパンツのコンビネーションもステキです。

結婚式や披露宴に招かれたことでレンタルドレスを利用する場合は、必ず花嫁さんが主人公であることを忘れないようにしましょう。花嫁さんや花婿さんだけでなくご親族にとっても一生に一度の大舞台です。ここで参列者が水を差すようなことがあってはいけません。主役は花嫁さんですので、花嫁より目立つようなドレスは避けましょう。

ひとつ覚えておきたいのは、ウェディングドレスも白無垢もすべて白なのを見ても分かるように、披露宴や結婚式で、白という色は花嫁さんの色であることです。そのため、参列者はドレスを選ぶとき白は避ける必要があります。レンタルドレスを申し込むときも、白を基調とした素敵なドレスがたくさんあると思いますが、レンタルドレスを着る目的が結婚式や披露宴の場合は、ほかの色を選ぶようにします。

そのほか注意事項として、毛皮や爬虫類を使ったドレスや小物も避けた方がいいでしょう。殺生を連想するなど縁起がいいものではないイメージがあるので、結婚式や披露宴にはふさわしくありません。また、レンタルドレスの中には露出の高いものもあります。特に神社やチャペルなどは厳かな場所なので、その場の雰囲気に合った露出の少ないドレスを選択しましょう。どうしてもノースリーブタイプを選びたい場合は、ボレロなど上に羽織るものを用意して肩の露出を隠すようにしてください。ドレスに合うボレロもセットでレンタルすると、状況に応じて活用できるのでおすすめです。

最新ニュース